この記事をシェアする

Appleの159ドルのヘッドフォンは実際にUXを改善するのでしょうか。

iPhone 7とiPhone 7 Plusが発売されるという発表は、忠誠なAppleユーザーの間で論争を巻き起こしています。新しいiPhoneにおいてヘッドフォンジャックは廃止され、Appleは「AirPods」と呼ばれる新しいタイプのイヤフォンを7世代目のiPhoneに導入しました。これらの新しいワイヤレスの不思議な物は数日前から大きく取り上げられていましたが、実際の製品はAppleの大きなUX上の成功の一つには見えません。

AirPodsは赤外線センサーを持ち、利用者が取り付けたときに検出され、ライトニング・コネクターと呼ばれるコードを通して、iPhoneと繋がります。それらにはノイズキャンセリング機能と新しいワイヤレス・チップが取り付けられ、ワイヤレス・イヤフォンに対して多くの人が抱く問題を解決することを意味します。AirPodsのバッテリーは5時間持ち、24時間分充電できる充電器が付きます。

これらの小さないくつもの技術はイヤフォンを使う上での体験をできるだけ簡単でシンプルなものにすることを意味します。しかしながら、いくつもの批判によって、UXの質を軽減させるAirPodsに対する本質的な問題が指摘されています。全体的なAppleの製品に対する態度に人々はあまり喜んでいません。

Appleはコードが引っかかってしまうといったストレスを避けるための解決策を提供しているようですが、利用者には正しい位置にイヤフォンを保つための施策がないようだと言われています。これらの高価なイヤフォンを付けつつランニングやスポーツをすることは現実的ではないようで、彼らのBeatsのワイヤレス・ヘッドフォンの新しいラインは、この問題を対処するのに、あまりよくない代案です。

Mail Online上でのある批判によると、Appleは「ヘッドフォンやHi-Fiシステムや車のステレオのようなものなどとの親和性を取り除くことは未来への大胆で勇敢なステップであるという考えを私たちに押し付けようとしている。」と書かれています。

携帯の充電に加えて、イヤフォンのバッテリーについても心配することは外出中の薬のようなものです。もしこれらの小さな製品の一つを失くせるならば、159ドルの代わりの費用については文句ないでしょう。新しいiPhoneを購入することはあなたが完全に使いこなすためこれらのイヤフォンを使わなければいけないことを意味し、そのことは購買意欲を低下させています。

対照的にiPhone全体的なデザインは好評で、Business Insiderによると「Appleは今までの新しく、新鮮な見た目で私たちを興奮させることから、カメラやバッテリーの持ち時間や速さといった多くの人が最も気にする重要なところを改善することに切り替えた印である。」と書かれています。

それでは、iPhoneを新しくするのに熱心だが、イヤフォンを失いたくないユーザーはどこに去るのでしょうか。Appleは製品を販売する前に、ユーザーの信頼を回復するための挑戦に今直面しています。

本記事は以下の記事を翻訳・加筆修正したものです。

http://ux.walkme.com/will-159-headphones-actually-improve-user-experience/

The following two tabs change content below.
平松 育
8月からギャプライズに入社。現在はWalkmeを担当している。 大学では法律を専攻し、刑法ゼミに所属していた。
WalkMe(ウォークミー)

この記事をシェアする

フォローする