この記事をシェアする

ユーザーエクスペリエンスの5つのゴール設定

ユーザーエクスペリエンスとはウェブサイトやオンライン通信、アプリケーションなどを通してユーザーが仕事や企業に関わる際に起こるすべてのことを言います。ユーザーエクスペリエンスのゴールを明確にすることは重要です。ユーザーエクスペリエンスはユーザーが見たこと、聞いたことと同様に感情による動きも含まれます。もしカスタマーがあなたのウェブサイトのサービスに満足しなかったら、いつでもサイトを去ることができますし、競合他社のサイトなどどこへでも行くことができます。ユーザーエクスペリエンスは以下のようなことができるので非常に重要です。

  • コンバージョンを増やすのに役立つ
  • 検索エンジンでのランキングを上げる
  • サポートや改善にかかるコストを減らす
  • カスタマーの不満や混乱を取り除く
  • ブランド認知を向上させる

効果的なユーザーエクスペリエンスを作るためには、効率よく運営、設定するためのゴールを設定しなければいけません。

5つのユーザーエクスペリエンスのゴール設定

1.満足できるものにする

ユーザーは訪問者です。ユーザーが与えられたタスクを達成できるよう、簡単で楽しいユーザーエクスペリエンスを作れば、ユーザーは満足してくれます。その結果、ユーザーは繰り返し訪問してくれるようになるでしょう。ユーザーはあなたのシステムを使用する際、満足させてくれるものを見つけようとします。もしシステムを使用したくないと感じたら、ユーザーはすぐに使用するのをやめ、より良いサービスを求めて他のシステムを探すでしょう。これを避けるために、顧客が満足してくれるような主要な目標を定めなくてはいけません。ユーザーが特定のセッションのためのシステムを使用する際、彼らが求めることを達成できるよう満足させなければなりません。

2.明確な言語設定

明確な言語を使っていないシステムに何秒も時間を割きたいと思うユーザーはいません。システムの中に使われている用語は曖昧であったり、乱雑であってはいけません。テキストは適切で簡単であるべきです。使用する言語はシンプルかつ明確で正確なものであるべきです。できる限り明確で短いセンテンスを用いましょう。使用されている言語が正確でシンプルであると分かれば、ユーザーはシステムに多くの時間を割きます。ユーザーが言葉の意味を調べるために辞書を使うのを強いられるようなら、ユーザーが再びあなたのシステムに訪れてくれるチャンスが減ります。またあなたが伝えたいことを理解してくれない可能性もあります。大事をとって言語は簡単で、読みやすく明確なものに設定しましょう。

3.有益なフィードバックを提供する

その他に重要なユーザーエクスペリエンスのゴールは、タスクを通じて適切なフィードバックを与え、エラーが起きた場合に効果的なフィードバックを提供し、成功に導くことです。ユーザーが製品を購入したり、サービスを求めてあなたのシステムに訪れる際、彼らは買い物をする前に訪ねたいことがあるはずです。もしあなたが素晴らしいユーザーエクスペリエンスを持っているならば、顧客にとって有益なフィードバックを常に提供できる準備が整っているはずです。あなたはユーザーがシステムに関して苦痛を感じる前にすべてのユーザーへのフィードバックを確実にすべきです。もしシステム上でナビゲートする際にユーザーがガイダンスを求めていたら、あなたはユーザーがシステムを使用するのをやめ、他のものを探し始める前にすぐにガイダンスを提供することができます。すぐにユーザーへ信頼のおける有益なフィードバックを提供することにより、あなたはブランド認知を改善できるのと同時に、売り上げとコンバージョン率を上げることができます。

4.一貫性のあるものにする

多くの人はユーザーエクスペリエンスのガイドラインに達するまでに一貫性が欠けています。ウェブサイトを構築する際ユーザーインターフェースコンバージョンとドルーパルインターフェースを一貫性のあるものにしなければいけません。このアクションの結果は常に予測でるものであるべきです。一貫性のないシナリオということになると、信頼できないのでユーザーはシステムを信用してくれないでしょう。システムは使いやすくナビゲートしやすく、予測しやすいものであるべきです。もしユーザーがあなたのシステムで不快な経験をしてしまったら、顧客ロイヤリティを失うだけでなく、顧客そのものの流出につながります。これがあなたのシステムの機能や特徴を決めるとき、一貫性が重要である理由です。機能や特徴をシステムに加える場合、ユーザーの公益を保証する必要があります。特徴は読みやすくナビゲートしやすい便利なものであるべきです。首尾一貫していることで、より良いユーザーエクスペリエンスを提供することができ、会社は資産利回りを上げることができます。資産利回りが上がることでシステムに費やしたお金があなたの仕事である程度の価値を作り出すことができます。

5.楽しめるものにする

ユーザーが満足しいるということは満足しているからといって楽しんでいるということを意味するのではありません。そのため、あなたの主要なゴールの1つとして未知のユーザーエクスペリエンスをデザインをすることがあげられます。これを達成するためには、ユーザーエクスペリエンスをよりおもしろくするために独特なエクスペリエンスを使用しましょう。さらに、適切で効果的な音響効果やビジュアルを用いることで、ユーザーをより魅了し楽しませるシステムを作ることができます。最近グーグルが行った研究では、おもしろく楽しいウェブサイトは、そうでないウェブサイトよりも多くの訪問者を得ていることが判明しました。システムが楽しめるものであれば、ユーザーはウェブサイトで長時間過ごしてくれるし、当初買おうと思っていなかったものでもシステムがおもしろいので製品を購入してくれるようになります。システムの見た目はユーザーの目を引き、アピールすることができるのだと覚えておきましょう。適切で有益、読みやすくおもしろいコンテンツも同様です。

良いユーザーエクスペリエンスはユーザーが満足することを保証します。また、ユーザーが再びシステムに戻ってくることも保証します。結論として、ユーザーエクスペリエンスは顧客満足度に関して大きな役割を果たしています。今回は売り上げを増加させることともに、あなたのウェブサイトをさまざまなサーチエンジンで上位にすることのできる素晴らしいユーザーエクスペリエンスを作り出す5つのゴール設定について説明させていただきました。

WalkMe(ウォークミー)

この記事をシェアする

フォローする