この記事をシェアする

デジタルユーザーエクスペリエンスの歴史

突然ですが、蹄鉄を買いに18世紀の産業革命の時代に戻ってみましょう。そのころは、町にある2、3軒の鍛冶屋の中から、価格だけでなく職人の技やスピード、もしかすると彼がどのくらい親切かという人間的側面によって決めるかもしれません。

今日の21世紀では、グーグル検索によりレビューを読んだり価格を比較したり、最終的には車で行ける距離にあるお店に行ったり、あるいは地球上のどこからでもオンラインで頼むことができます。

オンラインの競争は激化し、主な差別化要因の一つとしてUXがあります。このトレンドは止まることなく、特にサービス型ソフトウェア(SaaS)会社で成長しています。ほとんどすべての人がポケットにスマートフォンを持ち歩く今、デジタルユーザーエクスペリエンスの発展は、より重要になっていきます。

途切れのないデジタルUXを作ることは、至難の業です。いくつかの要素原理は、サイトのナビゲーションのしやすさ、全体的な美しさ、簡潔で魅力的な製品です。

ここでは、70年代のデジタルUXのキープレーヤーと、それらがどのように発展したのかをご紹介します。人々のコミュニケーションツールとしてデザインを使うことは、以下の産業洞察からの強力な教訓です。

80年代 専門化の始まり

顧客デジタルソフトウェアの設計は、60年代、70年代の「プログラマ」と共に始まりました。プログラマはシステム構造のデザインや、品質管理の確認、ユーザーインターフェースの管理を行い、企業分析に関わるようなことすらします。リードプログラマのガイドに適した決まった操作手順はありません。彼らは単純に最も効果的な方法で計画を実行するだけです。このようにして、多かれ少なかれユーザーエクスペリエンスが始まりました。

80年代は、ソフトウェアの市場性とエンドユーザーエクスペリエンスの質に注目した企業分析が急増しました。コーディングは、システム構造とユーザーインターフェースの間で分裂し始めました。これは、今日では「フロントエンド」と「バックエンド」として知られています。

ユーザーインターフェースデザイナーという新しい役割が現れ始めました。これは、技術的なプログラミングの役割というよりはむしろ、プログラマと共にデザインを考える人間心理の認知のプロとしての役割を果たしました。このような、早い段階でのソフトウェアデザイン産業における仕事の分担が、デジタルユーザーエクスペリエンスの注目を増やすフレームワークを提供しました。専門化とUXの発展は、ようやく初期段階になりました。

90年代 ITバブル

インターネット・バブル(ITバブル)で、市場がユーザーエクスペリエンスに注目するようになりました。今では、バナー、ロゴ、フォントやその他の製品の美的要素を通して製品に表現を追加することを専門とするグラフィックデザイナーがいます。情報の設計者は、デジタルコンテンツの成長を管理したり、ナビゲーションを合理化したりする仕事をするようになりました。

ユーザビリティエンジニアの役割は、どのように製品がユーザーと相互に作用し合うかというヒューマンインターフェースに集中しました。これらの専門家たちの間で仕事量の責任のバランスをとることは、初めは難しかったでしょうが、たくさんの熟練した資源から描くかなりの利点があります。

「ユーザーエクスペリエンス」という立場は、実際に1995年にApple社に加わった電気技師で認知科学者のドナルド・ノーマンによって明確にされました。ノーマンの使命は、製品の人間中心のラインの設計を手助けすることでした。この使命は、2007年のiPhoneリリースのときにピークに達しました。Apple社は、ユーザーエクスペリエンスを中心とした製品の企業理念により、2010年代のデジタルマーケットシェアの大部分を支配し続けました。

現代

より良い未来のために、直ちにUXを向上させよう

Apple・Windows・Androidの戦いの勢いが増しましたが、現代企業でユーザーエクスペリエンスに注目する部門は尽きることがありません。この競争は、洗練されたUXの追求でしか動きません。技術がより賢くなり、製品間の連続性が成長するにつれて、ユーザーはデジタル製品からより高いレベルの洗練さを要求するでしょう。

コンバージョンの専門家の役割は、ウェブサイトを効率化する術を洗練することに集中しています。ソフトフェアの開発者は、チームのサポートやユーザーを最も理解する友好的なアプリケーションであるベータテスターのフィードバックに頼っています。新規市場は、既存アプリを覆うときプラットフォームにも現れ、ユーザーエクスペリエンスを高めます。これらのプラットフォームは、ユーザーの混乱を減らすためのデジタル過程を通して、ユーザーの手を渡り歩きます。

デジタルソフトウェアの短い歴史の中で、UXはデジタル処理能力と並び同時に進化してきました。多くの科学者がムーアの法則の終わりとアナログな技術力の進歩の減少を予測するように、UXへの注力は、競合他社との差別化要因としてより一層重要となります。

WalkMe(ウォークミー)

この記事をシェアする

フォローする