この記事をシェアする

従うべき6つのユーザーエクスペリエンスのガイドライン

ruler-926755_960_720

「ユーザーエクスペリエンス(UX)」は、ウェブサイト訪問者の行動パターンがより洗練された近年、実に重要なものとなっています。

ユーザーエクスペリエンスのコンセプトは常に進化していますが、ウェブサイトのデザイナーが顧客の動きに対応するために必要な基本は変わりありません。

ここでは、あなたが時代に遅れないよう確実にサポートできる、最も重要な6つのユーザーエクスペリエンスのガイドラインをお教えします。

長期的な目標を最優先する

ユーザーエクスペリエンスのガイドラインの大半は、ポップアップや求められていない図表に焦点を当てすぎています。これは、高い収益の発生に代わる顧客の利便性を忘れることが、ウェブサイトの所有者やデザイナーにとって、とても魅力的だからでしょう。

しかし、様々な調査や研究により、ウェブサイトの訪問者の多くは、彼らの行動を邪魔するポップアップや図表を極めて迷惑だと感じていることが明らかになりました。

従って、短期的な利益を優先したくなる誘惑に耐えて、長期的な目標を最優先することが、ウェブサイトの所有者やデザイナーにとって重要となります。

信頼性を高める

ウェブサイトの信頼性も、ユーザーエクスペリエンスのガイドラインにとって、大切なことです。ウェブサイトの所有者やデザイナーは、様々な方法によってウェブサイトの信頼性を高めることができます。

例えば、以下のものが挙げられます。

  • よくある質問(FAQ)ページ
  • ロジカルナビゲーション
  • コンテンツ中の参照や引用
  • 筆者の資格の可視化
  • 専門的なデザイン
  • 以前のコンテンツへのアクセシビリティ
  • 定期的な更新
  • 情報源への外部リンク
  • 情報源への内部リンク

レイアウトを標準化する

全てのウェブサイトは、同じカテゴリーに分類する行動をユーザーに提供します。ユーザーエクスペリエンスのコンサルタントの多くは、これらの行動をすべての道で標準化し、顧客の助けとなるウェブサイトをつくるために、相談に乗ります。

ウェブサイトのレイアウト、例えば、情報パネルの位置やチェックアウトまでのプロセス、一貫性が、ユーザーエクスペリエンスのガイドラインにとって最も重要なことの一つです。

わかりやすさでユーザーの負担を減らす

ユーザー中心のウェブサイトをつくるにあたり、「わかりやすさ」がユーザーエクスペリエンスのガイドラインの柱となります。これは基本的に、ウェブサイトでの行動に関するユーザーの負担が最小化に保たれることを意味します。

これの良い例は、保険料や税控除の計算をユーザーに強いるのではなく、提供してくれるウェブサイトが挙げられます。

時間を明確に示す

ユーザーを待たせたり、タイムアウトがあるウェブサイトの活動があります。ユーザーにそのような情報をできるだけ明確に知らせることは不可欠です。

例えば、タイムアウトの時間をウェブサイトの目立つところに明示することや、ユーザーを待たせるときはカウントダウンのタイマーを設置することが必要です。

適切に情報提供する

ユーザーエクスペリエンスのガイドラインとなると、ウェブサイトの訪問者に適切な形で情報を提供する重要性を無視することはできません。

これは、複数の測定ユニットを提供したり、コンテンツがオンラインで印刷や読み取られる可能性があるかどうかに焦点を当てたりするなど、多様な方法で表示することができます。

WalkMe(ウォークミー)

この記事をシェアする

フォローする