この記事をシェアする

効果的なウェブサイトをつくる5つのステップ

ウェブサイトやソフトウェアをより使いやすくするための簡単な5つのステップをご紹介します。これらを意識するだけで、ソフトウェアの効果は劇的に上がります。

簡潔な文章

読み手が集中力を維持できる時間は短いです。できる限り短い文章を心がけましょう。ユーザビリティとUXのエンジニアは、デザインを単なる特徴づけではなく、必要のない情報を省くための手段であることを認識しましょう。

素早いクリック

ユーザーはせっかちなので、ハイパーリンクとページ遷移が正しいか確認し、即座にロードできるソフトウェアが必要です。以前クリックしたハイパーリンクを表示することで、ユーザーがサイト内を移動する手助けができます。

素早いスキャンニング

関連性や重要性が高い情報は大きく一番上に並べることで、サイトは読みやすくなります。ユーザーが、全体に素早く目を通したり、関係のない情報を飛ばして読みやすいように、中黒や見出しを使いましょう。

十分な間隔

どのスタイルに読み手が反応するかを考えて、段落間にスペースを空けましょう。詳しい内容は、余白やレイアウトによる読み手の反応結果を集めた研究を参照してください。

効果的な図式

単語や内容を図式に置き換えるために、戦略的に図式を使いましょう。画像は、読み取り速度を遅くするだけでなく、内容やページの美しさからそれないように選択するよう注意が必要です。

WalkMe(ウォークミー)

この記事をシェアする

フォローする