この記事をシェアする

優秀なUXデザイナーに必要な5つの性格特性

UXデザイナーになることについて考えるとき、何かの分野ですでに成功している誰かになりきるといいでしょう。UXデザインは人々の注意を引く専門家です。テクノロジーを開拓する仕事の数は年々増えており、高い初任給、事業の多様性、創造的で柔軟な職業は多くの人をスキルアップさせ、産業で身を起こす助けになります。しかしながら、もしUXデザイナーになったらこの仕事は万人向けではないことを心に留めておかなければなりません。UXデザインは特殊な技能と考え方が必要となります。ここでは一般的にUXデザイナーに見られる5つの性格特性について話をしたいと思います。

感情移入できる

もしあなたが人々に感情移入するのが難しいと感じたらユーザーエクスペリエンスを専門にする仕事には向いていないかもしれません。感情移入はUXデザインのプロセスにおいていくつかの点で効果を発揮します。ユーザーのリサーチをする、ユーザーのグループにインタビューする、質問事項を書く、再設計のためにユーザビリティのテストをするなどの機会に、UXデザイナーはユーザーがシステムにを使う際の動機、目的、ニーズ、感情を理解するために質問をしなければなりません。そして次にフィードバックから設計デザインまでをこなし、ユーザーエクスペリエンス全体を便利で役にたち、快適なものにするためにそれぞれの問題の解決策を見つけなければいけません。世界中の人になり、彼らの靴を履いて歩き、目で世界を見る。このように感情移入することがUXデザイナーの重要な特性なのです。しかしこれはユーザーについてだけではありません。問題をチームのメンバーに説明する際にも同じように感情移入することが必要です。UXデザインについての説明はこの分野に親しくない人(開発者やマネージャー、CEOであっても)にとっては難しいでしょう。それぞれのステークホルダーのどこが異なるのか理解することで、チーム間のコミュニケーションをより円滑にします。

好奇心旺盛である

UXデザイナーであれば周りの世界や物事が人々にどのように作用するのか興味を持つでしょう。なぜなら、UXデザイナーのすることの多くは人々の行動に疑問を持つことだからです。なぜ人がその行動をとるのかを理解することによってUXデザイナーは彼らの行動と連携し、予測に従って彼らの目的に応じて今後作る商品をさがすことができます。プロダクトデザイナーがなぜユーザーがその行動をとったのか理解していないと、ただ製品をデザインするだけに終わってしまいます。この製品は結局あまり成功しないでしょう。なぜならこのような製品はユーザーからの多大な努力が必要で、きっとそのユーザーはより使いやすい製品を求めてあなたの会社の製品を使うのをやめてしまいます。好奇心旺盛な人はUXデザインに必要なこのプロセス(仮説を作り、ユーザーリサーチから深く分析とデータを掘り下げ、その結果に応じて解決策を実行する)を楽しめるでしょう。また、その解決策がユーザーに効果を発揮しているかどうかを知りたいと思うでしょう。もしあなたが普通の好奇心を持つ人間であるならば、この仕事はあなたにとって退屈なものになってしまうかもしれません。

245

人好きである

フリーランス、起業、大企業いずれで働いているにしても、UXデザイナーは毎日どのような時も人と関わらなければいけません。もし1人で働いていたらこれはあなたに向かない仕事でしょう。UXデザインは1人でやる仕事ではありません。ユーザーのリサーチを集め、ファーストイテレーションを試すなどの準備をするだけでなく、UXデザインのプロセスを通して定期的にプロジェクトマネージャー、開発者チーム、カスタマーサービススタッフとのミーティングをしなければなりません。また、アイデアや仮説をCEOやCTOなどの年配のスタッフにプロジェクトを承認してもらうために説明しなければなりません。もしフリーランスで働いているのならば、プロジェクトのためのインタビューまたはクライアントとのミーティングのためにオフィスを出なければならないでしょう。大企業である程度の地位にいるならば、プロジェクトを最初から最後まで管理し、周りの異なるチーム(ユーザー研究者、ユーザー分析者、ウェブ開発者)と関わりを持って業務を委託し、製品の発展と問題解決のために話し合う必要があります。

話好きである

感情移入する次は、コミュニケーション能力を持つことはUXデザイン職で成功するのに大変重要です。UXデザイナーはチームの開発者にデザインを、チームの研究者にプロセスと個人から必要とされているものを説明しなければなりません。難しいコンセプトをプロらしく簡潔に、易しく、説明できるということはUXデザイナーとして非常に役立ちます。インターンからCEOに至るまで異なる役職の人に対する話し方を学ぶ必要があります。ユーザーエクスペリエンスについての知識を知らないCEOにプロセスを伝えなくてはならないので、より簡潔にリサーチ結果をはっきりと話し、ウェブデザインに関する説明をできるようにするとよいでしょう。UXチームの将来のプロジェクトのために支持を集められるような方法を発見できるようになる必要があります。

問題解決能力がある

UIデザインとUXデザインの将来のことを考えると、問題解決能力はUIデザイナー、UXデザイナーの双方にとって今よりももっと重要な要素となるでしょう。なぜなら技術産業は今後も成長を続け、美しいデザインがスタンダードになるからです。アイコンや色、ボタンは購入できるようになり、美しくデザインされたサイトはもはや当たり前になります。ですが問題解決能力は買うことができません。誰かから学び、実際に経験することによって得られます。ユーザーの問題を解決しユーザーの目的に沿ったサイトは製品の特長を差別化し、目立つようになるでしょう。UXデザイナーとしてクライアントや製品に価値をもたらすことを考えるときに、問題解決能力はあなたにとって1番必要なスキルです。UXデザイナーとして成功するにはこのクライアントのためにより良い製品を作るために以下の方法に沿いましょう。まずは問題の明確化、次に解決のための業務(情報収集、問題ごとに可能な限りの解決策を探す)、その次に解決策の実行、最後はプロセスと結果を評価することです。

WalkMe(ウォークミー)

この記事をシェアする

フォローする